ブログ

2019.03.31

平成31年 春のお彼岸合同供養祭に参加致しました。

 こんにちは。

あんどペット 松山です。

あんどペットは東京都江東区・葛飾区・江戸川区を中心に東京23区はもちろん、東京都内・東京近郊の千葉県・埼玉県・神奈川県の多くの地域に対応した訪問移動ペット火葬、ペット葬儀のペットセレモニーで御座います。



先日、3月21日は

 あんどペットでお引取り火葬を承ったペットちゃん達の【平成31年春のお彼岸合同供養祭】が提携先寺院様のある東京都稲城市にて執り行われました。

当日は少し風が強かったのですが、お天気は良く過ごしやすい気温で問題無く供養祭を執り行う事が出来ました。

私も供養祭に参加させて頂き、微力ながらお手伝いをさせていただきました。

今回の合同供養祭はあんどペットで平成31年3月14日までにお引取り火葬を承ったペットちゃんが対象の供養祭でした。
※3月15日以降に承ったペットちゃんの初めての供養祭は平成31年9月を予定しております。


ペットちゃん専用の合同供養塔には東京都内のご家族様や東京都近郊の方々の大切なペットちゃんのご遺骨が埋葬されております。
毎回たくさんのご家族様がご参加されており、今回は200人を超える方々がお越しになられたようです。

他のペット火葬・ペット葬儀業者様もこちらの寺院様に合同埋葬をお願いしておりますので、大勢のご家族様が来られ毎回盛大に供養が行われます。

皆様でお花や食べ物等をお供えし、ペットちゃん達のご遺骨が埋葬されている合同供養塔へ向けての僧侶様の読経できっとペットちゃん達も安らかに眠れている事と思います。





供養祭にはあんどペットでペット火葬・ペット葬儀を承ったペットちゃんのご遺族様も来られており、少しお話をさせていただいた方もいらっしゃいます。
その方はご自身のペットちゃんのペット葬儀からまだまだ日も浅く、むしろじわじわと亡くなってしまった事の実感が湧いてきている最中との事でした。

お話の中で一番辛く、ペットちゃんが亡くなった事を実感してしまうのはお家に帰って玄関を開けた時だという事を伺いました。
いつもはあった玄関への出迎えが無い時、実感してしまうとおっしゃっていました。
この意見は同じくペット火葬・ペット葬儀を経験された多くの方からも耳に致します。

ペットちゃんが亡くなった後、しばらくはそれぞれの方の色々なタイミングで辛過ぎる事がある事と思いますが悲しい時、寂しい時は我慢せず思い切り泣いて悲しむ事もご自身の回復の為にとても大切なプロセスです。
無理に感情を抑え込む事はせず自然な感情に身をゆだねていただき、ペット葬儀・ペット火葬を経験された方が1日も早く元気に過ごせる事を私は願っております。


少し余談にはなりますが、以前にブログでも書かせていただいたように、あんどペットではご家族様のご希望に出来るだけ添えるように、お引取り火葬プラン、個別火葬プランを基本として変則のプランでもご対応させていただいております。

例えば、個別火葬プランではご家族様にペットちゃんの火葬後に遺骨をご返骨させていただく事が基本なのですが、
「個別の火葬をしてあげた後のご遺骨は自然に還してあげたい」などご希望がある場合は、個別火葬後に合同埋葬をさせていただくという事にも対応させていただけます。
※上記の例えは一例ですので他にもご希望がある場合は一度ご相談いただければ可能な限りご対応させていただきます。


あんどペットではペット火葬・ペット葬儀を、ご家族様が少しでも想いの残らないような形で執り行う事が大事だと考えております。
ご家族様が大切に育て、また大切な時間・癒しをくれたペットちゃんを想いの残らない形でお見送りのお手伝いをさせていただきます。




ペットセレモニー あんどペット
訪問ペット火葬・ペット葬儀業者です。

江東区、葛飾区、江戸川区を中心に東京23区内は出張費無料でペット火葬・ペット葬儀に伺います。
その他のエリアの東京都内はもちろん。東京都近郊の埼玉県・千葉県・神奈川県の多くの地域でもペット火葬・ペット葬儀を承っております。

出張費無料の23区はこちらの地域です。
(江東区、大田区、葛飾区、台東区、足立区、新宿区、墨田区、中央区、港区、品川区、目黒区、豊島区、中野区、世田谷区、渋谷区、荒川区、文京区、千代田区、杉並区、北区、板橋区、練馬区、江戸川区)


〈ご家族様とペットの気持ちを繋ぎ、安堵していただけるお見送り〉
を志し、ご遺族様の想いが残らないペット火葬・ペット葬儀のお手伝いさせて頂きます。
もしもの時は慌てすに、
動物葬祭ディレクターが伺うペットセレモニー
訪問ペット火葬・ペット葬儀あんどペットに安心してお任せください。