ブログ

2018.12.05

ペット火葬のご依頼は「あんどペット」にご依頼ください

 ペットが亡くなってしまった・・・

大切なペットが亡くなってしまったらどうしたら良いのか分からない・・・という人も多いと思います。
大切な家族の一員であるペットが亡くなったショックが大きくて、
何からすれば良いのか」混乱してしまうのも無理はありません。
ペットが亡くなってしまったら、まずは「ご遺体を安置」しておかなければいけません。
火葬するまでの間にご遺体をきれいな状態で眠らせてあげていただきたいからです。
季節によってご遺体を安置できる日数は異なってきます。
保冷剤による安置、ドライアイスによる安置が、ご家庭でできる方法です。

 

まずはご遺体を楽な姿勢に変えてあげて、保冷剤を包んだタオルをペットの体にあててあげて
体をタオルや布団で包んであげます。
ドライアイスの場合も同様です。
ペットシートがある場合は、ペットシートに寝かせてあげてからタオルなどをかけてあげると良いでしょう。
保冷剤だと夏場は2日、冬場は4日、ドライアイスは夏場は6日、冬場は10日くらいが
安置可能な日数とされています。
できるだけ早く火葬してあげるのが良いですが、火葬可能な場所など探していたら
時間がかかるかもしれませんよね。
ですからご遺体はきちんと安置してあげてください。
死後硬直がはじまってしまうと、目が開いたままになってしまったり、苦しそうな体勢のままになってしまいます。
死後硬直が始まる前に体勢を楽にしてげて、目も閉じさせてあげましょう。
もし体から体液が出ている場合は優しくふき取ってあげてください。
可能であればペット用のひつぎも販売されていますので、
火葬のお時間まで人間に近い形でご安置も頂けます。
※火葬の際は基本的にはひつぎは一緒に火葬を致しません。

ペット葬儀って?ペット火葬って?

ペット葬儀は、ただ火葬をするだけではありません。自治体などで行っているペット火葬は火葬するだけでお骨上げなどが無いのです。大切なペットですからお骨上げして仏壇も用意したいとお考えになる飼い主様は多いと思います。
でも自治体で火葬してしまうとそれができないのです。
そこで利用していただきたいのが民間事業者の行っているペット火葬です。
ペット火葬であれば、小さなお葬式をしてくれます。
業者さんによって葬儀のプラン、どのような内容で行われるのかは異なりますが、
大切なペットをしっかり天国までお見送りしてくれる儀式を専門のプロが行いますので安心してお任せできます。
天国で安らかに眠れるように丁寧に葬儀を行っていきます。
ペット葬儀は葬儀費用だけではなく、出張費用が発生するという業者さんもありますので、出張無料でお願いできるところを探してみてください。

出張無料のペット葬儀はあんどペット

あんどペットでは都内23区は出張無料でペット葬儀を行っています。
葬儀プランは3タイプ用意していますが、個別火葬と感謝個別葬がお葬式を行うプランになっています。
最期のお別れの時間もしっかり取りますので、ペットに沢山の感謝を伝えてあげてください。
ペットに感謝が伝わるように温かな葬儀をさせていただいております。
各プランでは、お骨壺やお骨袋、メッセージカードがついてきます。
お骨上げしたお骨を骨壺に入れることで、
あなたの大切なペットをこれからもずっと傍で感じる事ができます。
亡くなってしまっても、想い出は沢山残りますし、心はきっと傍にいてくれますね。
骨壺を置く仏壇など、今インターネットでも購入できますので
用意してあげると良いでしょう。
オプションになりますがペットWEB墓のサービスも用意させて頂いております。
ご検討ください。
まだ今は元気なペットも、いつか葬儀をしなければいけない日がくるかもしれません。
そんな日のために、「あんどペット」のプランについて一度目を通してみてくださいね。