ブログ

2018.11.27

ペットが亡くなってしまった…移動葬儀の依頼からお別れまで

飼っていたワンちゃんや猫ちゃんが亡くなってしまった…ペットを飼っている人なら誰でもいつかは直面しなければならないペットの死、喪失感が大きくとても辛いですよね。

私自身もこれまで何度も経験があります。特に初めてペットが亡くなってしまった方にとっては、とても辛くどうしたらいいのか分からないことも多いのではないでしょうか。
ペット葬儀をしてくれる業者は増えてきていますが、
ペット葬儀場まで運んで葬儀が終わるまでには、
丸一日かかってしまうケースがほとんどです。
仕事をしている方の場合は、急遽休みを取れれば良いのですが、急なことで都合がつかない場合もあると思います。
そこで、「移動葬儀」を一つの選択肢として検討されてみてはいかがでしょうか。

 

移動葬儀はその名のとおり、
自宅までペット葬儀屋さんが来てくれて、その場で葬儀と火葬を行ってもらえます。
飼い主さんやペットが移動する必要はありませんし、お別れの直前までペットと一緒にいることもできます。
24時間対応しているペット葬儀屋さんもありますので、夜遅くになってしまう場合でも安心です。
特に東京で暮らしている場合、東京中心部では葬儀場での葬儀は予約が込み合っていてなかなか都合に合わせられないケースもあると思います。
例えば・・・東京都江東区にお住まいの場合は、江東区まで来てくれる移動葬儀屋さんはたくさんあります。
たくさんある分、ペットが亡くなって精神的に辛い中、
移動葬儀に対応してくれる葬儀屋さんを探すのは大変だと思いますので、前もって江東区に出張してくれる移動葬儀屋さんを調べておくと良いですね。
(業者によっては、ご自宅までの距離に応じて出張料金が変わる場合もありますが、「あんどペット」の場合東京23区内は、出張無料で行なっています。)

ペットの安置方法や当日の火葬について

亡くなったペットはタオルで包み、保冷剤や袋に入れた氷を添えて冷却してあげてください。
硬直が始まってしまう前に、手足をゆっくりと折り曲げてあげてください。
また、葬儀の際にはペットが好きだったぬいぐるみやおもちゃなどを用意してあげるときっと喜んでくれます。
火葬が可能な物でしたら、共に火葬することもできます。
ただ、思い出としてペットが、使っていたものを残しておきたいという場合もあると思いますので、
お花を用意してあげるのもいいかもしれませんね。
葬儀から火葬までは大体3時間くらいかかると思います。
ペットの大きさによっては火葬の時間が前後する場合もあります。
(業者によって、プランや様式も色々です。「あんどペット」の場合はこちら
なお、小さなペットの場合は火葬によりお骨が消滅してしまうこともありますので、事前に確認しておいたほうが良いですね。

ペット火葬の料金について

正直、葬儀料金についても気になるところだと思います。
最初に連絡をした際におおよその金額を確認しておきましょう。
可愛いペットなのことなので、安いプランよりかは高いプランを選んであげたい・・・という気持ちかもしれません。
そこは、無理のない範囲で決めることが大事なのではないでしょうか。
(あんどペットは、東京23区で出張無料で行っています。なんでもご相談ください。)
プランを選択する前に、ペットの重さによって料金が変わりますので、
こちらも事前に確認しておくと良いかもしれません。

悲しみの先に・・・

葬儀終了後は、心にぽっかり穴が空いたような気持ちになるかもしれません。
まだペットが亡くなったという現実を受け入れられず、
しばらくは悲しい気持ちが離れないと思います。
悲しい気持ちを振り払おうと、無理に明るくふるまう必要はありません。
いずれ時間が経てば、楽しい思い出ばかりが思い出されて
悲しい気持ちは薄れてくれるはずです。
写真を飾ったりお水を毎日変えてあげたり、
おやつをお供えしてあげると、
きっと天国でもペットは大喜びしていると思います。
姿は見えないけれど、ずっとご家族の心で生き続けています。
時々語りかけてあげてくださいね。
(あんどペットは、飼い主様がペットロス症候群にならないように、お声かけを努めています。なんでもご相談ください。)