ブログ

2018.11.24

大切な愛猫の最期も考えておこう。

大切な愛猫、いつかお別れの日がきてしまうという事は避けられない事です。

今は元気だからそのような事はあまり考えたくないかもしれませんが、ある日突然・・

という事が無いわけではありません。


そんな時、やはりしっかりとお見送りしてあげたいと思いますよね。


でもいざという時、そういった事を考えていないと

どうして良いか分からなくなってしまうものです。

そこで、「ペット火葬」について今回お話させて頂きたいと思います。

 ペット火葬について

突然の死の場合、愛猫の死をなかなか受け入れられないかもしれませんが、

しっかり最後までお見送りしてあげたいですね。

まず愛猫が亡くなってしまったら、葬儀しなければなりません。

葬儀の方法でおすすめしたいのが、民間事業者の行ってる「ペット火葬」です。

地方公共団体でも葬儀は行ってくれるのですが、共同火葬で「産業廃棄物扱い」になってしまいます。

大切な愛猫なのでそのような形で火葬されてしまうのは、あまりに悲しいですよね。

民間事業者のペット火葬の場合、

色々なプランが用意されていて返骨を希望できたりします。

最後までしっかりお見送りできるので

悲しい気持ちから徐々にお別れしなければいけない事も受け入れていくことができます。

供養するという事で、一時的に悲しみが倍になってしまうという事もありますが、

やはり気持ちに区切りをつけるためにもきちんと供養してあげたいですね。

(悲しい時にしっかり悲しむことは、ペットロス症候群を防ぐことになります。)

サービス内容によっては、骨壺などもつけてくれて

亡くなった後もあなたの近くに愛猫がきちんといるのだなと感じさせてくれます。

 

東京でペット火葬をお考えなら「あんどペット」へ

東京とでペット火葬をしているあんどペットでは、

動物葬祭ディレクターが最期のお見送りを飼い主さまと一緒に行わせて頂きます。

24時間電話受付していますので、いつでもご連絡ください。

今後のためにご相談したいというお問い合わせも大丈夫です。

都内23区は出張も無料で行っております。

数多くの葬儀を行ってきておりますので、安心してお任せいただけます。

あんどペットでは、3つのプランを用意しています。

ご要望に合わせてプランを選択していただけます。

お引き取り火葬、個別火葬、感謝個別葬があります。

お引き取り火葬はお骨をお返しできないので、

個別火葬や感謝個別葬を選ばれるお客様が多いです。大切な愛猫との最期のお別れもしっかりできるプランになっています。

お値段は個別火葬13,000円~、感謝個別葬は21,000円~となっており、ペットの重量でお値段が変わってきます。

わからない場合は、ご相談のお電話をください。

愛猫の最期の時、どのようにお見送りしてあげたいか一度考えてみてくださいね。

 

ペット火葬を利用した後は・・・

ペット火葬を利用した後、自宅で供養をしてあげましょう。ペット専用に仏壇が販売されているのをご存じでしょうか。

お部屋に置ける小さなサイズもあります。

仏壇を自分で手作りされて、仏具だけ購入される人もいます。愛猫の写真を飾って

オリジナルの仏壇に毎日お供えをしてあげましょう。

お供えは愛猫の好きなものを供えてあげましょう。

お線香は電池式のものもありますので利用すると、火を使わなくて良いので安全に使えます。

ろうそくも電池式があります。

火葬後は手元供養を選択される人も多いです。

その中の1つにペットの遺骨をペンダントに入れて持ち歩くというものがあります。

いつもそばに愛猫がいるような気がするので、手元供養を希望される人も多いです。

あんどペット」では、オプションサービスとしてペットWEB墓の設置や、お位牌作成キーホルダーで遺骨の一部を持ち歩けるようにでけるサービスも用意させていただいています。

大切な愛猫との思い出を感じながら過ごしていくことができます。