ブログ

2018.11.09

ペット火葬業者に依頼したことのあるMさんの体験談

あんどペットと出会う前に、ペット火葬業者に依頼したことのあるMさんの体験談です。

私たちあんどペットに、ペット火葬を依頼する前に、ペットの葬儀(特に移動火葬)は、飼い主のこのような思いがあって、初めて行われるもの、依頼されるものと知っておいてもらえると幸いです。

ホームセンターで運命的な出会い。

特にペットなど欲しいと思っていない私たち家族でしたが、目が合っちゃったのです。
そしてその目は、私たちを必要としている気がしたのです。
私たち家族は以前、ハムスターと一緒に生活していました。
そのハムスターの名前は、「ふぅちゃん」と言います。
ふわふわでとっても可愛い「ジャンガリアンハムスター」でした。
ふぅちゃんとの生活は、毎日が充実していて家族のムードメーカーでした。

しかし、どんなに大切な家族にでも、別れの時は来るものです。
私たちにもついに、ふぅちゃんと遊べない日が来てしまいました。

ただ、埋葬しに行くだけではなく、「きちんと葬儀をしたい」という家族全員の思いで、気がつけばグーグルで検索していました。
今まで、ペットを飼っていなかったので、どうしたらいいのやら、わかりませんでした。

ペット火葬業者を検索していた思ったこと

対象の地域があったり、いろいろな葬儀方法・・・一体どれを選べば私たちに合っているのだろうとすごく悩んだのを覚えています。

ふぅちゃんの死後、あまり日が経ちすぎてはいけないので、どこがこの子にとって、良い業者さんはどこだろうか・・・と、私たち家族の心の中は、次第にどんどん焦りに変わっていきました。
そして、検索していけばしていくほど、気づいたことがあります。
それは「」や「」の文字はみえるのですが、「ハムスター」という文字になかなか出会えなかったことです。

ただただ、調べる事で家族と亡くなったふぅちゃんとの時間が過ぎていくばかり。
もしかしたら、私たちの家族である「ジャンガリアンハムスター」は、葬儀をしてもらえないのだろうか・・・どこのペット火葬業者さんにお願いすれば、温かく火葬を執り行ってくださるのだろうか・・・焦りは不安に変わっていきました。
(もしかしたら、小動物を火葬したいと考えているご家族の中には、そんな方も多いのではないかなぁと今では思います。)

いよいよ検索していけばいくほど、たくさんのペット火葬業者さんを知り、頭の中は混乱状態。
相談できて、信用できるペット葬儀屋はどこなのか・・・と家族で真剣に探しました。
そしてウェブ上で、調べて調べて調べ抜いた結果、とあるペット火葬業者さんに行き着きました。

そして、お電話してお願いしたのを、今でも覚えています。
こちらとしては混乱、悲しい気持ちの中、とても優しく、温かい気持ちで、お話を聞いてくださり、私たちにとって良い提案をしてくださました。

今でもあの、ペットの葬儀屋さんにお願いして本当によかったと思っています。

葬儀後も、可愛い骨壷写真、わたしたちが「ふぅちゃん」をずっと大切にしていけるような工夫を提案してくださりました。

そのおかげで、家族の思い出も、全てを温かく包むことが出来て、悲しみだけじゃない最期を迎えることができた気がしています。
(あんどペットさんにも、そういうサービスがあると聞いています。皆さんもぜひ検討なさってはどうかと思います。)

まとめ

なので皆さんにも、私たち家族の体験の中にあるような、温かい気持ちになれるペット火葬業者さんに出会ってほしいです。
大切な家族のお別れをただただ「悲しいだけのもの」にして欲しくありません。

そして、葬儀が終わった後も思い出を大切にしていけるように、ペットにきっちりと
感謝の気持ち」を伝えてあげて欲しいと思います。
長生きさせてあげられなくてごめんね」とか「もっと大切に育ててあげればよかった」なんて言われたら、そのペットも悲しい気持ちになっちゃうと思います。

だから、あなたのいっぱい精一杯の「ありがとう」を伝えてあげてください。
私たち家族からのお願いです。




ホームページTOPへ