ブログ

2018.10.24

近くのペット火葬をご希望の方へ

ペットが亡くなった際、ご自宅付近で火葬を行いたいと考える方がほとんどです。

また、亡くなったペットを土葬することは衛生上よくないと考える方も多くなってきています。
しかし焼却場にいって、他の物と一緒に燃やすことにも抵抗がある方が多いかと思います。


そこで、東京23区などの都心部を中心に、ペットの火葬は「移動火葬」を採用する方が増えてきたようです。
(区によっては「条例で制限されている地域」もございます。ご要望の際は、必ずお電話でご相談ください。弊社「あんどペット」の場合、違う対応をご提案させていただきます。)

(東京都葛飾区水元公園にて撮影)

移動火葬ですと、足を運んで頂く事がないため、直前までご自宅でゆっくりと
「お別れのお時間」を取ることが出来るのも、理由の一つかもしれませんね。

「お別れのお時間」について

ペットを亡くされた方とお会いする中で、時に「混乱されている方」も多く見受けられます。
愛する家族を失ったショックで、パニック状態になるのも理解できます。

しかし、ペットをそのままにしておくわけにはいきません。葬儀/火葬すると決めたら決めたで、業者を調べたりと動き出す必要があるからです。
(わからないこと、不安なこと、心配なことがあれば、些細なことでもご相談くださいね。)

亡くなったペットを火葬するまで、瞬く間に時間が過ぎていきます。
ペットが腐敗しないように準備(安置)したり、葬儀時刻に合わせ家族を集めたりと、それぞれのご家族が慌ただしく過ごされているようです。

そのようなペットの手でも借りたいぐらい忙しい中、時間や日付の指定をされ、焼却場にペットを連れていくということになれば、場所によっては大変さは倍増します。

ですので「お別れのお時間」をゆっくりとりたいという方が、移動火葬を選ばれるのは納得される選択なのかもしれません。

「火葬場所」をどこにするかについて

ペットを亡くされた飼い主が「移動火葬」を選ぶ場合、初めてだらけのことでわからないことばかりかと思います。
特に「移動火葬」と一言でいっても想像がつかない方もいるかもしれません。ですので具体的に説明していきたいと思います。

まず、火葬専用車両でご家族のご自宅、またはご自宅のお近くまでお伺い致します。
到着しましたら納棺(炉にペットを収める事)の場所の確認をし、火葬車両の火葬の前準備を行います。(ペット専用の火葬炉を搭載した車両です)
準備が整いましたら、ペットちゃんとのお別れの儀式(葬儀)を執り行います。
葬儀の一連の流れも確認の為再度ご説明致します。
※流れの確認説明は火葬車両の停車環境によって納棺前か納棺後のどちらかとなります。


ご遺体をお預かり近隣の方に配慮した場所に移動し、火葬させていただきます。

弊社の場合プランによって異なりますが、
「遺骨のご返骨」をご希望の方ですと、ご家族様のペットの個別火葬を行い、終了後にご返骨をさせて頂きます。
また逆に、ご返骨をご希望されない方、合同火葬や埋葬までを任せたい方に関しては、お迎えに上がりますので、玄関先でのお別れとなります。こちらに関しては、ご返骨はありません。
(ご遺骨は提携する寺院にて合同埋葬し、火葬証明書を発行のうえ、ご自宅へ送付いたします。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
移動火葬車両を呼ぶことは、ギリギリまでペットと家で過ごしたいという方には推進できるものでしょう。
バタバタして葬儀が終わるということを無くし、ペットと過ごした大切な「思い出の日々を振り返る時間」を創りたい。
ありがとう」や「大好き」という優しくて温かくなれる言葉をいっぱいなげかけてあげてもらいたい。

そんなことを考えながら、あんどペットは葬儀と向き合っていきます。東京23区は、出張が無料です。
(東京都近郊の地域もご相談ください。)

江戸川区や葛飾区などのあんどペットの事務所からほど近いエリアは、さらにスムーズな対応が出来る場合がございます。
また、ペット葬儀に関する何気ない質問や、「あんどペット」のペット火葬の詳細を知りたい方は、ぜひ一度ご連絡ください。

もしも今、あなたがペットを亡くされて混乱されていらっしゃるのであれば、何かチカラになれることや、相談に乗れることがあるかもしれません。
お気軽にお電話ください。