ブログ

2018.09.23

心が晴れやかになる、葛飾区のペット葬儀

昔ながらの風情が残る、人に優しい街・東京都葛飾区。

ココロとココロの繋がりを求めて、ワンちゃんや猫ちゃんのペットを飼う人が多く住んでいます。

ホンモノの家族と同じように、寝食ともにしたペット。
突然の訃報に見舞われると「どうお葬式をあげてよいのか」
「どうペットロスを乗り越えればいいのか」
わからなくなる事もあります。
今回は葛飾区にお住まいの方に向けて、
気持ちが浄化されるペット葬儀のコツやペットロスの乗り越え方についてご紹介します。
苦しいときの心の支えにしてみてください。

 

葛飾区でペット葬儀をしたい、方法は?

東京23区の中でも、街中でワンちゃんや猫ちゃんの姿を見かけることの多い葛飾区。
人情味あふれる方が多くお住まいの、犬と猫にとても優しい街です。
ファミリーの一員として一緒に暮らしてきたペット、
大切な命を弔うためにも「真心のこもったお葬式をあげること」が大切です。

ペット専用の業者に、見積もり相談を

大好きなワンちゃんや猫ちゃんがこの世を去ってしまうと、
軽いペットロスの症状が出て「何もしたくない」「誰とも話したくない」茫然とした気持ちになりやすいもの。
けれども動物たちも私たちと同じ呼吸する生き物。
亡きがらを抱えているだけでは、魂をきちんとあの世へ送り出すことができません。
最近では近隣トラブルを防ぐ意味からも、
人と同じようなペット葬儀を選ぶ方が増えています。
一般的な葬祭業者よりも、ワンランク上のペット葬儀をあつらえてくれるのが「ペット専門の業者」さん。
遺体の処理の仕方や、火葬についてとても丁寧に教えてくれるため、
オーダーメイド感覚で自分に合ったプランを選ぶことができます。
もちろん、見積もりや相談は無料のところが多いため、初めての方でも安心して依頼できます。
葛飾区のペット専用の業者さんには、
葬儀のコーディネーターが付いていることもあります。
「どんなお葬式をあげたいのか」「どんな祭壇を作りたいのか」
飼い主さんの気持ちにきちんと応えてくれるため、評判も上々。
1人でペットロスにはまり、悶々と思い悩むよりも、
まずは一歩歩いてみて「プロの声に耳を傾けること」も大切です。

ペットロスの解消法は、心を込めて「お別れする」こと

最近は実の両親・兄弟・子ども以上に、ペットに対して熱い思い入れを感じている方が増えています。
仕事から疲れて帰ってきたとき、ワンワンとご主人さまを玄関先で迎え入れてくれる健気なワンちゃん。
甘えたいときには、ひざの上にすり寄ってくれる猫ちゃん。
いつでもどこでも、文句を言わずにご主人さまの言うことを
聴いてくれるペットは、かけがえのない大切な存在です。
そんな大切なペットを亡くしてしまったときの喪失感は、
何ものにも代えられないもの。
ペットに対して多くの愛情をかけてきた方ほど、大きなペットロスを感じる傾向が多いようです。
「生き物を飼っていたら、
ペットロスになるのは当たり前」まずは自分の気持ちを素直に認めてあげましょう。
大切な家族がいなくなったのですから、
哀しい気持ち・イライラする気持ち、不安定な気持ちに揺れるのは日常的によくある話。
否定もせず、ありのままの自分を受け入れることで未来に歩めることもあります。
とはいえ、気持ちがふさぎ込んでしまったり、いつになく感情が高ぶることが多くなったら、
軌道修正していきたいもの。
家族としての最期をきちんと見届けてあげることが、
ペットロスを解消してあげる、唯一の救いになることもあります。
今まで元気に生きていた愛猫や愛犬の、変わり果てた姿を見ているのは辛いもの。
いつまでも手元に置いておきたいという気持ちから、
ペット葬儀自体を拒否してしまう方もいます。
けれども、愛情あふれる飼い主さんだからこそできることが
「ペットのお別れと、きちんと向き合ってあげること」
ありがとうの気持ちを込めて最期のセレモニーをとりおこなってあげることで、
愛猫や愛犬も喜ぶエピローグを紡ぐことができます。

トラックバック

トラックバックURL: