ブログ

2018.09.11

葛飾区での夜間のペット火葬

こんにちは。

あんどペットの松山です。


昨日の夜中にも千葉県で地震があり、事務所のある江戸川区も少し揺れを感じました。

今年は異常な暑さ、台風、地震、豪雨等の相次ぐ災害が日本各地で起こっており人も動物も不安な日々を過ごしている事と思います。

 ご自身とご家族、そしてまたまぎれもなく大切な家族であるペットちゃんを守る為の準備は常に必要だと感じております。


【大切なペットと非難するために】
のブログはコチラ↑をご覧ください。

何かのお役に立てればと思います。



少し前のお話ではありますが、東京都葛飾区にて猫ちゃんの火葬の為、夜間にご訪問いたしました。

ご家族様が帰ってこられて集まるのが遅くなるとの事で、少し遅い時間のご希望だった為、対応させていただきました。

ご自宅の前に一度到着をしご連絡をしたところ、火葬車に納棺する間のご近所の目が少し気になるとの事でしたので、徒歩2分程の所の公園でお待ち合わせをし、ご家族様にペットちゃんをお連れいただきました。


流れをご説明し、一緒に火葬させていただくペットちゃん宛のメッセージカードを書いていただきました。

公園に移動した事でご家族様も周りを気にせずにゆっくりと落ち着いたお別れと納棺をする事ができました。

納棺の後は、火葬の為に近隣にご迷惑にならない場所まで移動をするのですが、夜間の場合は、お昼間の火葬時よりもご迷惑になりにくい場所を慎重に選び火葬を行います。


今回のご訪問先の葛飾区には水元公園という大きな公園があります。

公園の外周から近隣の住宅さんまでも、少し距離があるのでご迷惑にならず、また静かな自然の中で火葬を執り行えました。




火葬の為に火を灯し、お線香を焚いてお見送りをいたします。

きっとご家族様からの最期のメッセージカードも天国に持って行ってくれていると信じています。

お骨上げはご家族様でのご希望でしたので、火葬が終わり次第、ご自宅付近の納棺をした場所まで戻りました。

体の小さな猫ちゃんでしたので火葬時間自体は2時間少々のお時間でした。


ご家族様が揃い、お焼香した後にお骨のご説明からさせていただきました。

高齢な猫ちゃんでしたが、しっかりとしたご遺骨で丁寧に気持ちを込めてお骨壺に納めてた事が伝わりました。

ご収骨が終わり最後にお骨壺をお骨袋に納めお渡しする時、納棺の際には泣いてしまった方の表情が少しスッキリされていた様で安心いたしました。


やはり泣きたい時は我慢せずに泣く事が、ペットロスから回復に向かう為に大切な事だとまた強く感じられました。


動物葬儀に関わる者としては、ペット火葬はもちろんの事、その後のご遺族様が前を向いていただける様に納得のゆくお別れのお手伝いをする事も使命だと思っております。


ペットちゃんの葬儀・火葬が終わった後に、安堵した表情を見れる事は私にとっても安心できる瞬間でもあります。

今後も一人でも多くの方にお気持ちの整理をしていただけ、また安堵の表情になっていただける様に努めたいと思います。


あんどペットの移動火葬車には夜間でも対応できるように、お車に電灯が付いております。
電灯を点けてのご収骨が可能ですので、夜間をご希望の方も心配なさらずにご相談くださいませ。



私たちあんどペットは、江戸川区・江東区・葛飾区などを中心とする、

ペット火葬専門のペット葬儀屋です。

上記3区以外の20区(台東区、墨田区、新宿区、中央区、足立区、世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区、豊島区、練馬区、板橋区、北区、荒川区、文京区、中野区、杉並区、渋谷区、千代田区)も、出張費を無料で行なっています。

その他、東京都近隣の方でもご対応させていただける地域も御座いますので、一度ご相談下さい。


「ご家族様とペットの気持ちを繋ぎ、安堵していただけるお見送り」をモットーに事業展開中です。


もしもの時は、慌てずにあんどペットにお電話いただき何でもご相談ください。





ホームページTOPへ