ブログ

2018.09.29

ペットWEB墓を作ってみました。

あんどペットの広報担当をしているスタッフの難波です。

今回は、飼い主様、メディア様、各方面から、

ご好評いただいております「あんどペットの独自サービス」である

ペットWEB墓」のアカウントを自分で作ってみました。

本当に個人的に、私なりに「ペットWEB墓」のレポートをしてみます。

良ければご覧ください。

(私たちあんどペット東京23区で、出張無料移動型ペット葬儀屋です。)

 いつでも会いにいけるんだという安心。

この大きな写真は、私の愛する家族であったペットの「もっち」の写真です。

フクロモモンガという小動物で、オーストラリアにしかいない動物(英名:シュガースライダー)です。

この子は、4年という短い生涯を終え、天国へ行きました。

(めっちゃ泣きました・・・大切に育てたら、10年ほど長生きすると聞いていたので、かなり長い間、立ち直れなかったです。)

実は・・・フクロモモンガという動物は、懐きにくいことで有名な小動物です。

しかし、このペットの「もっち」は、ベタ慣れしてくれて、本当に可愛い子でした。

心を込めて面倒をみて育てた分、亡くなった時は、とても悲しかったです。

(赤ちゃんの時は4時間おきにミルクをあげたりしていたことが懐かしいです。)

だから、私には大事なペットちゃんを亡くされた飼い主さんの気持ちがわかります。

つらくてどうしようもない気持ちに対して、何ができるかわかりませんが、あんどペットとして、正しい情報をお伝えしたいと思うようになりました。

いつまでも一緒にいたい。

ペットは、基本的に「飼い主より早く死んでしまう」ものです。

(もちろん、余命宣告された飼い主様が、新しいワンちゃんを買い始めるというパターンでは、逆現象が起きるかもしれませんが・・・)

死んでしまっては、実際に二度と会うことは、出来ません。

そんな中、自分たち「あんどペット」は、

WEBの中でお墓を作ることができる・・・というサービスを開始することになりました。

名前は「ペットWEB墓」です。

WEB墓を作るために必要なこと

・メールアドレス

・画質のきれいな写真データ

・お墓に入れたいお名前

・享年何歳か

・命日(年、月、日)

を担当に伝えることで、IDとPASSを発行してもらえます。

(パスワードは後からでも変更可能です。)

半信半疑で、自分のペットのアカウントを作りましたが、結果としてよかったと思います。

画面に、写真が出てきた時は泣きそうになりました。


他の人におすすめしたい点

お知らせ機能」が個人的に良いと思いました。

命日を忘れてしまうことはないかもしれませんが、突然その日が来ても、心がついて来ません。

そこで、あらかじめ「命日の数日前(何日前かの設定が可能)に連絡メール」が届く機能があります。

「もう○日前だなぁ」とあらかじめわかっておくと、心の準備と、法事の準備を行えるので、非常に便利です。

ペットWEB墓レポートのまとめ

私のペットは、実は結構最近に亡くなったんです。

つらいことを忘れようとしていましたが、今回でしっかり悲しみに向き合うことが出来ました。

アカウントを作ってくれた代表に感謝です。

また、レポートを書かせていただいたのも良い機会だったように思います。

今まで、家族が飼ってきたペットの命日に、お墓まいりをしたこともなかった私です。

だけど、今回ペットWEB墓を作ったことで、

ペットのことを定期的に思い出したいなぁと純粋に思いました。

(生まれ変わったら、また会おうね!)

当「あんどペット」を使ったお客様でも、

そうでないお客様でもアカウントを作ることが出来ます。

お気軽にご相談ください。





ホームページTOPへ